« 2011年2月 | トップページ | 2011年10月 »

こんな時こそ、お笑いで笑顔を。「学園ごっこ」で笑顔を。

*今日のブログは、特別編です。

私めがTwitter上でお勝手に、テキトーに、ゆる~く創設したコミュニティ「ことわか学園」についての設立経緯を述べます。

たかが、お遊びです。
されど、お遊びなんです。

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*

【ことわか学園・設立経緯】

3月11日14時46分。
日本に未曾有の大震災が起きてしまいました。
当地は名古屋で、揺れただけで何の被害もありませんでした。
しかし、関東と東北は、地震と津波で甚大な被害が…。
原発による放射線物質でも影響が出ています。

俺はその日有給を取っており、次の日からは土日で仕事は休み。
その2日半の間、大災害をずっと休みなしで報道し続けるテレビを観ると同時に、ほとんどTwiiterのタイムライン(以下、TL)上にいました。
とにかく情報が欲しかったから。

しかしTVでは、あまりに凄惨な光景ばかりが映され、TLでは、錯綜する様々な・時には恐ろしい情報が行き交っていました。デマも多数ありました。
心が痛むばかりでした。
そして、こんなに多くの方が苦しんでいるのに、何もできない自分がもどかしい。
(こう言うと「ボランティアにでも行けば?」とか言われそうですが、俺が働かなければ家族が路頭に迷います)
苦しんでいる方に比べて、何の被害もなく普通に暮らせている自分が、あまりにも申し訳ない。
そんな心持ちでいました。

その後、震災から数日経ち、月曜日。
俺は普通に仕事してました。
(本当は仕事なんてしたくないけど、自分の役目だから。今は俺しかできないことをやろう)
と言い聞かせて、仕事をしつつツイートしていると、ちょっとしたお遊びツイートが流れてきました。

「わかったろりこんはにほんのぶんかだ」と入力し一発変換。
「分かったロリコンは…」となったら幼女好き。「分かったろ離婚は…」となれば正常。

ということらしい。
俺は見事に「分かったロリコンは日本の文化だ」となりました。笑
(別にロリコンじゃないけど…汗)

このツイートの後、多くのフォロワーさんから、変換結果とともにちょっと笑えるリプライがたくさん来ました。その中に、
「分かったロリコンは日本の分課だ」
となった方( @Ruka_Vocalo03 http://twitter.com/Ruka_Vocalo03 )がいて、そこから話が広がり始めました。
ロリコン部、ショタコン部、ドM部、ドS部…
知らないうちに「部」「課」が増えていきました。

(何だか会社みたいだ!)
と思っていると、俺のことを「社長」と呼ぶ方( @bokenyanko http://twitter.com/bokenyanko )も現れたので…
(んじゃ、「会社」を興してみるか!)
と思い立ちました。
「大喜利結社ことわか」と称し、名乗り出た方とともに「部」や「課」を作り、部長・課長を勝手に「任命」して、「社員」を増やしていきました。

正直、何も考えずに、テキトゥーに作っちゃいました。
でも、作ってみてから考えました。
(これ、ゆる~くていいから、コミュニティにしちゃおう!)

震災で被災した方はもちろん、そうでない、主に西日本に住む方も、あまりにむごい状況を見て、心を痛めている。
笑いが不謹慎だという空気が、重く垂れこめている。
でも俺は、せっかく「大喜利スト」と称してツイッターで活動しているんだから、何かやってみよう!
みんなで楽しく笑いあうために!


結社を表明した頃、としおさん( @toshio78 http://twitter.com/toshio78 )も、同じような考えをお持ちで、大喜利を通して笑顔を取り戻したい、とおっしゃっていました。
そこでその思いに「便乗」させてもらい、組織化(形だけだけど)。
その後、会社組織から、学園組織に変更し、現在に至ります。

ただし俺も、働けど楽にならざる貧乏サラリーマンなので、仕事等の都合で面倒を見られず、組織は「ポシャる」かもしれません。
(元々長続きしない性格だし…)
でも、それでも、やらないよりはいい。
やらずに後悔するより、やって後悔したい。
そう思っています。

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*

大喜利に興味のある方は、ぜひ「入学」して、一緒にゆる~く楽しみませんか?
そうでない方は、ネット越しに「生温かく」お見守り下さい。

よろしくお願いします!

※大喜利中心のコミュニティ「ことわか学園」について、詳しくは以下を参照ください。
http://hashtagcloud.net/info/koto_sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北地方太平洋沖地震について

2011年3月11日、14時46分頃発生した、

「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」

において、関東・東北地方においては、甚大な被害が報告されています。

この場を借りて、被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

また、亡くなられた方々には心よりご冥福をお祈りし、ご遺族においては心よりお悔やみ申し上げます。

そのほかの皆様においても、どうか安全を確保されることと、ご無事であることをお祈り申し上げます。


2011年3月12日 なごやん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年10月 »