« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

日本シリーズ敗退に思う。

本日(11/7)行われた日本シリーズ第7戦にて、ドラゴンズは残念ながら敗れ、パ・リーグ3位から勝ち上がってきたマリーンズに日本一の座を許した。

リーグ優勝していない、しかも3位のチームが、「日本一」の称号を得るとは。
リーグチャンピオンとして臨んだ日本シリーズだけに、この敗戦は悔しすぎる。

しかしこのシリーズ、ドラゴンズは、負けるべくして負けた。
その原因は、落合監督の采配にあると思う。

監督は、
「みっつまで負けられるんだ」
と言い、早々と試合を捨てるような投手起用で、与えなくてもいい点を与え、投手はもとより、打者のモチベーション(動機づけ)をも奪ってしまうような采配をした。

第3戦(11/2)、山井投手の先発した試合と、第5戦(11/4)、中田賢投手の先発した試合だ。

両試合とも、早めの継投をしていれば、試合が壊れずに済んだ可能性もあるのに、明らかに調子の悪かった先発の両投手を続投させ、結果として大敗となった。

また、逆に3点リードの場面で、もう1回は投げてもらわねばならない吉見投手を4回までで降板させ、5回から継投した、第7戦(11/7)。
結果として2番手の河原投手が3点を許し、同点になった。

結果論と言われればそれまでではあるが、素人目に見ても、どうにも”解せない”投手起用。

落合監督は独自の理論を持ち、「オレ流監督」として名をはせているが、今回ばかりはそれが通用しなかったとしか言えない。

プロスポーツは、結果がすべて。

ぜひ来季こそは、リーグ優勝→クライマックス・シリーズ勝利→日本シリーズ勝利で、完全優勝を成し遂げてほしい。

がんばれ、ドラゴンズ!!\(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »